時間術

「時間」の本質、理解していますか?

時間=お金?

Time is money、時は金なりといった文言で表現されるように、一般的には時間=お金と位置付けています。

わたしたちサラリーマンが代表とされる労働集約型の稼ぎ方では、労働時間の対価として給与をもらっています。

(労働)時間=収入(お金)

ということですね。

必ずしもこのような概念では動いていない職種もありますし、「時給」の概念は職位が上がるにつれて薄れてはいきますがね。

おおすじでは間違いではありません。

ですがわたしは、

時間=お金ではなく、時間>お金、つまり時間の方がより価値が高い

と思っています。

これは価格云々の問題ではなく、時間は

取り返すことが不可能

という点があるからです。

時間は有限な「命」

「毎日、毎時間、毎分消費している有限の『命』である」と捉えることもできますね。

人の寿命は80-90歳くらいのもんですから、間違いなく有限です。

この残りの寿命に対して365日を掛ければ、残りの人生の総日数を算出できますから、1日は残りの人生の○%に相当すると計算することができます。

 

たとえば、現在40歳くらいの人が80-90歳まで生きると仮定し、残りの人生を45年と考えると、

365 x 45 =16425なので、100/16425=0.006%

なんと1日あたり、毎日、残りの人生を0.006%ずつを消費しながら生きていることになります。

残り人生を短く見積もれば見積もるほど、1日あたりの時間価値は大きくなります。

時間の色づけ

ですから、できるだけ「無駄遣い」することなく、「有限の命を使うのにふさわしい時間である」と自分が思えることに時間を使い、そのように判断できないことにはできるだけ時間を使わないようにしないといけないんですよね。

もちろん、人によっては「無駄である」、「有益である」と思える価値観は異なるとは思いますが。

ただ、そんなことを言ってもやはり時間の使い方の色づけは非常に大切で、定義を明確にしておかないといつまでたっても時間をコントロールできようになりません。

この定義は、お金の考え方を参考にするとしっくりきます。

あることに時間を使ったおかげで将来投じる何らかの使用時間が減り、別の時間に使える許容幅が増えればそれは「時間投資」

時間を使ったなりの等価の価値を自分にもたらすのであればそれは「時間消費」

時間を使ったら、それ以上の別の不要な時間が発生してしまうようなこと、それは「時間浪費」

と理解することができますね。

お金よりも時間を惜しむこと

これから副業で稼ごうって考えているので、矛盾を感じるかもしれませんがそんなことはなく。

時間の使い方の例を、お金の使い方に例えるとわかりやすいのですが、時間という概念をそのまま使うと、どうしても管理が杜撰になりがちです。

例えるにしても、唯一異なる点はお金は貸し借り可能であり貯金可能ですが、時間はどちらもできませんよね。

時間はお金のように、使いたい時に自由に取り出せない、ということです。

永遠の若さ、不老不死などはお金では買えない、もしくはそれに近いことを買おうとすると相当な費用をかける必要があることをみなさん知ってますよね。

人間、時間が経てば老いていくのは摂理ですから、抗うことができません。

それを食い止めようとするには相当の負荷がかかるということです。

別観点では、例えば、

・安く買うために色々なサイトや店舗をめぐる

・買いたいものの値段が下がるまで待つ

・数ポイントのカードポイントをためるためにわさわざ遠くのお店にいく

このような行動は、時間の価値を安く見過ぎているものの代表的な例です。

もうわかりますよね?

ある利益を得るために投じるコストが高すきることを認識すべきです。

細かい説明は不要でしょう。

あなたの時間単価、把握していますか?

1日当たり0.006%と考えてみましたので、これを24時間で割ると0.00025%ってなるのですが、その価値が体感としてわかりにくいですよね。

なので、あなたの1時間を当たりの価値をぜひ定義してみてください。

考え方は色々ありますが、一例を示します。

まず、年収を勤務時間数で割っておおよその時給を算出します。

年間勤務日数は、日付日数から土日祝日を除くと248日。

有給がだいたい20日ありますから228日。

時間換算で228 x 8=1824

年収1000万円と仮定すると5500円/時間。(残業が多かったり、有給がとれないと単価は下がることになります。)

これでトントンです。つまりベースです。

時間価値は貯めれない、戻せないという点でプレミアムをつけ、あなたの時間価値に変換することには2倍以上を乗じてください。

最低ラインが単位時間5000円で、通常の判断では時間単価10000-15000円くらいでみてよいです。

この基準と自分が時間を投じることによって得るメリットを比較するようにしてください。

正直、このように時間価値をお金に変換してしまうこの思考回路こそが、サラリーマン脳であるとも言えるのですがね。

便宜上、仕方なしということで。

「それを買うべきか、買わないべきか」の判断基準

あるものを買う場合、よほどの差額が生じない限り、あなたの時間の方を優先すべきです。

買い物をするときには予算を持つことは大事ですが、それよりもむしろ悩む時間をいかに削減するかの方が重要です。

デザイン、カラーで悩むことはありますが、これは趣向の問題となっており、趣味の一貫と考えるならば有益、無益の概念はありません。

サービス、物品自体の購入については自分の中で妥当な価格感を持っておき、その価格以下だったら、サクッと買ってしまったほうがいいんです

基準は先ほど定義したあなたの単位時間当たりの価値になります。

ざっくりいうと、単発の5000円程度ならば買い、くらいの心持ちでよいですよ。

また損失の観点では、手に入れていたらできたであろうことができなくなるので、そこまでの時間が機会損失になります。

やはり、基準価格以内であれば買い、です。

失敗した場合はどのように考えるか、ですか??

失敗しても、後悔しないで前向きになれる金額を基準額に設定しましょう!

 

大事なことは、時間を価値(金銭)に定量化し、時間を使い方を適正にコントロールしながら、その使用効率が最大化となるように最適化していくことです。

マインドセットとして、理解しておきましょう。

 

ピックアップ記事

  1. 保護中: 受験申込書作成コンサル
  2. まだ部下の教育に消耗してます?
  3. 時間捻出できない人のための「減らす技術」
  4. 技術士が副業で稼ぐために、マーケティングを学び始めてから変化した5つのセールスに…
  5. 「時間」の本質、理解していますか?

関連記事

  1. 時間術

    時間割引率の概念とスキルの蓄積

    時間割引率とは行動経済学には、「時間割引率」という考え方があります…

  2. 時間術

    時間捻出できない人のための「減らす技術」

    リソースを解放せよ仕事を効率よくこなしたり、よい努力を実らせるため…

  3. 時間術

    時間泥棒を排除せよ

    あなたの時間泥棒はなんですか?自分自身が作ってしまう時間泥棒はたく…

  4. 時間術

    時間の戦力配分を心がける

    バリューイノベーションとはバリューイノベーションという言葉を知って…

  5. 時間術

    独学で「スキル」を獲得しようとすることは、出費にブレーキをかけて時間を浪費することに相等しい

    あなたは独学派ですか?それとも誰かに習ってしまう派ですか?たいてい…

ふとした思考や行動

  1. 時間術

    時間捻出できない人のための「減らす技術」
  2. 心理系

    キャリアチェンジとドリームキラーと成功体験と
  3. 時間術

    「時間」の本質、理解していますか?
  4. 生産性

    これからは「リソース」を増やすことはやめて、「強み」として育てる
  5. 技術士

    保護中: 受験申込書作成コンサル
PAGE TOP