ダイのプロフィール

本サイトを運営しますダイです。

このたびは訪問していただきありがとうございます。

このブログは、今までは主にトライアスロンや筋トレ、サブとして技術士二次試験関連の情報は発信する趣味ブログでした。

このブログを開始してから一年間ですが、色々な学びや変化がありました。

そこで心機一転、ドメイン変更も含め、大きくは2つのコンセプトをもってリニューアルしました。

まず1つめは、わたしと同じように

サラリーマンとしての安定した収入は確保しながらも副業収入を得たい人、中でも特に独立開業はせずに技術士であることの専門性を活かして副業収入を得たい人

に向けて、わたしが実践していることやそのノウハウを提供していくことです。

まだまだわたしの副収入も発展途上ではあるのですが、「勤め人脳」、つまり時間を投入した労働の対価として給与をもらうということしか考えられない脳、が染みついているわたしにとって、サラリーマン収入以外からの収入を0から1にすることは思っていたよりも難しいことであることがわかりました。

難しいのですが、わたしは自分の思い描くように、少しずつ収入をポートフォリオ化できてきています。この考えを広めていきたいということですね。
このような考えを持ち、そしてブラッシュアップしています。

サラリーマン技術士は「収入のポートフォリオ」を構築しよう

2つめの側面ですが、わたしの技術士(化学部門)としての専門性を発揮し、プロセス改善の解決を目的としたクライアントを獲得するためのプラットフォームとして発展させていくことです。

まさに「技術士」を謳うのであれば化学系に絞る必要がありますが、なんらかの工程やそ過程における「プロセス改善」を解決するのであれば技術コンサルタントでもよいし、クライアントの悩みを解決するという点では、たんにコンサルタントでもよいと思うのです。

とはいえ、ひとつくらいはベースになるものを持っておきたいので、それを「技術」においてみようかなと思っています。

そして、このような2つのコンセプトを持った技術コンサルタントのサイトを、サイト名であるTECH CONSULに込めました。

もちろん、引き続き技術士二次試験関連の情報やトライアスロン関連の記事も投稿していきます。

もしこのような内容に興味や関心を持たれた方は、『プロフィール』をさらりと読んでいただければと思います。

プロフィール

40代 サラリーマン(メーカー勤務)の技術士(化学部門)で、専門は化学工学、化学装置、化学プロセスです。

余暇はトライアスロンのトレーニングもしくは筋トレをメインにして、さらに空いた時間で読書やしたりブログを書いたりして過ごしています。

ザックリとこのような感じですね。

◆スポーツ歴: 野球、サッカー、アメリカンフットボール、ゴルフ
◆趣味:トライアスロン、筋トレ、ビリヤード
◆最近ハマっていること: 体をイメージ通りにコントロールすること
◆夢:ハワイと日本の二重生活
◆好きなタイプ:芯の強い人、配慮のできる人、バカそうで賢いひと
◆嫌いなタイプ:八方美人、パーソナルスペースにぐいぐい入ってくる人、見栄っ張り、口ばっかりのやつ
◆ストレングスファインダー上位5資質 1親密性 2回復 3学習欲 4調和性 5分析

トライアスロンに関するプロフィール詳細はこちらです。

サラリーマン人生の半分は海外勤務です。

その海外勤務中、半分以上が新工場建設プロジェクトへの参画で、プロセスエンジニアとして従事しました。

生産技術者および研究開発者であり、現在は年齢もそれなりに重ねましてマネジメントも双方で経験しています。

「技術」で得意なことは、新プロセスの提案、プロセス評価、デボトルネッキング(生産能力増強)、トラブルシューティングなどですね。

ときに専門外の製造プロセスを診断するように依頼され、いくつか改善案を提案し、実際に工場に導入し成果を出すことができています。

参考までに、その他の保有資格は以下の通りです。

  • 危険物取扱者(甲種)
  • 公害防止管理者(大気1種)
  • 公害防止管理者(水質1種)
  • 高圧ガス製造保安責任者(甲種化学)
  • エネルギー管理士
  • 第1種衛生管理者
  • 二級知的財産管理技能士

もっと能動的に自分がビジネスをコントロールしたい

副業とはいえ、自分のビジネスモデルを構築していくわけですから、サラリーマン気質を排除したいでと思っています。
自分がすべてをコントロールしながらビジネスしたくないですか?

サラリーマン人生15年以上にもなりますと、勤務先ではそれなりの立場になり、それなりの責任が与えられ、年収もそれなりになります。

ですがやはりどんなに裁量が与えられて仕事や時間をコントロールできるようになっていたとしても、やはり大きな枠組みでは会社側に主導権を握られていることには変わりなく、中途半端な責任を持たされ、我慢しなければならないこと、しかたなくやらなければならないことがたくさんあります。

もっと立場が上がれば、「中途半端な責任」ではなくなりますけどね。

業務をこなす姿勢にもよりますが、それを経験することで得られた考え方やスキルは確かにありますし、乗り越えてきたからこその現在の自分があるともいえます。

いいことも悪いこともあります。

それはそれとして、サラリーパーソンとしてのスキルとして持っておけばよく、自分が新しく始めるビジネスでも全く同じようにはやりたくないんですよね。

だからといってすぐに独立起業だ!開業だ!なんて言っても、できるわけがありません。
挑戦してみても、そんな状態からだと失敗するのが関の山です。

自分のビジネスポリシーをしっかり打ち出して、それをまっとうする方法で副業として、いや”複”業としてやっていきたいのです。

次世代サラリーパーソン技術士の生きる道

いわゆるサラリーパーソンの「常識」に則り無難に仕事をこなしていけば、この先もさほど金銭的には苦労しないかもしれません

ですが、サラリーマン年収にのみ依存しているこの収入体制は、現代では不安定であることも感じており不安に思うのです。

技術士資格は一念発起して取得を目指し、それなりの時間と金銭を費やして取得した資格です。

社内だけでなく、少しでも世の中が好転するよう貢献しつつ、さらなる収入を得たいとも思うようになってきました。

まだまだ人生は半分以上残っています。

今から小さくでも変化しておけば5年後10年後には大きな変化となっている可能性が十分にあるんですよね。
このように考えて、わたしはすでに動き始めています。

わたしが想像するに、コンサルタントとはクライアントが顕在的に理解していない真の問題を見つけ、共に話し合いながら解決策を具現化していき、成果が出るまで計画的に二人三脚していくことだと思うのです。

ですから、ブログやメルマガなどで情報を提供し、見込み客や読者に少しずつ変化してもらい、それでもさらに変化してもらうためにいつかコンサルティングを受けてもらいたい、こんなスタイルを持ちたいのです。

サラリーパーソンとしての制約もありますから、オフラインでセミナーや講座を開催することなく、WEBでの情報発信だけで濃い見込み客を集めて、そして自由な時間も収益を増やしていきその足跡を残すことで、同じように考える後続によい手本になるようにしていきたいと思っています。

収入のポートフォリオ化という考え方について

Eのクワドラント収入に依存するのではなく、E,B,S,Iすべてから収入を得られる仕組みにしようという考えです。

E,S,B,Iとは

E:Emplyee(従業員)
S:Self Employed(自営業)
B:Business Owener(ビジネスオーナー)
I:Investor(投資家)

の略で、金持ち父さんのキャッシュフロークワドラントで定義されている言葉です。

まずは

情報発信力を鍛えて、web上にてBを育てる。このBがEを保持したままSのきっかけになる、こんなイメージです。

もちろんEメインになりますが、Eが万が一コケた時にはBやSの道がわずかでも開けていますので、初動から考える必要もなくリスクヘッジにもなりえます。

同時に集客するためのビジネスブログで、ブログ単体での収入も得られたら飛ぶほどうれしいですよね。

わたしの内面をもう少しだけ・・・

勤め先や趣味のトライアスロン、筋トレ関連でつながる以外で、ビジネスとして人とつながるのは実に新鮮です。

わたしのストレングスファインダーの資質の第一位は、自覚はないのですが、親密性という資質なんですよね。

一言でいうと、不特定多数の人とわけ隔てなく接するというのは超苦手で、信頼関係のもてる人と言葉通り親密につながり、お互いの関係性を相乗的によくすることを大事にする資質です。

得意なことをさらに得意にするようなこと」(最上志向)は得意ではないのですが、弱い部分をしっかり認めて克服していく回復志向の資質をもち、相手とは自分の主張を通すわけではないがいい塩梅に落としどころを見つける調和性の資質を持ち合わせ、そして結果を客観的に冷静に分析できる分析志向の資質をもつ、そんなタイプの人間です。

これらの上位資質がしっかり趣味にも表れているんですよね。

クワドラントにおけるBの中では、自分が一緒に時間を共有して気持ちの良い人とだけつながりたいと思っています。

つらつらと書いてきましたが、「あなたはまだまったく結果をだしていないじゃないか。そんなやつのいうこと聞けるかよ」というスタンスの方とは良い関係は築けないと思っています。

「来るもの拒まず」の精神はありません。

来るもの拒まずの精神はありません。

来るものオールウェルカムにすると、失敗することを身をもって学びました。

Win-Winの関係が大好きです。

将来的に良い関係を築くことができる方だけを厳選するスクリーニングの仕組みって本当に大事なことを知りました。

その結果として、”不要な”コストを削減することができ、本業に支障をきたすことなく、自分のサイドビジネスを効率化ることができるということですね。

あなたの人生、お金、時間は、どうでもよい人に”消費”するのではなく、大切な人と共有するためにあるんです。

わたしもこれからはじっくりと人とのつながりを育てていきたいと思います。

ふとした思考や行動

  1. 副業

    サラリーマン技術士は「収入のポートフォリオ」を構築しよう
  2. 技術士

    技術士二次試験 選択科目Ⅰ(専門知識)の対策とキモ
  3. 技術士

    保護中: 受験申込書作成コンサル
  4. 副業

    サラリーマンが副業で稼ぐためにマーケティングを学び始めてから身につけたセールスに…
  5. 生産性

    これからは「リソース」を増やすことはやめて、「強み」として育てる
PAGE TOP