背中

最終更新日: 2020.01.5

背中の厚みと広がりの両方を求めるトレーニング

昨日スクワットを行い、下半身はまだ回復していないこと、そして広さのトレーニングを実施したかったことから、メインを起立筋と大円筋に設定しました。

◼︎ウォーミングアップ

肩甲骨の動きを意識できるように、肩甲骨を腕立て状態で前後左右動かしました。

ひじを曲げないことが重要です。

◼︎トップサイドデッドリフト with chain

76kg 15rep
106kg 12rep
126kg 8rep
136kg 5rep

トップサイドデッドリフトにすることでお尻とハムはできるだけ使わないようにします。

初期のバーの位置は膝の上くらいです。

手の幅はワイド目(肩幅から拳2個分外)にセットし、姿勢をしっかり作ります。

この時、上にあげないまでも、数回引っ張ってみて、大円筋にテンションがかかかることを確認します。

挙上動作は一気に上まであげ、肩甲骨をよせます。
この動作がもっとも重要です。

そしておろすときにはネガティブ動作は不要なので、サクッとおろします。
高強度の物理的刺激が目的だからです。

起立筋からの挙上スピードと肩甲骨のよせて大円筋への刺激が重要なポイントですね。

◼︎シーテッドダブルハンドルプルダウン

肩をすぼめて大円筋に効かせるのが目的です。
ダブルハンドルをセットして、お腹の下まで引いてきます。

12rep 3セット

通常のロングバーでのプルダウンでも大円筋に効かせることができますが、刺激方法を変える方が効果的です。

◼︎スーパーセット

インクラインベンチを用いて、斜めの姿勢でプルダウンします。
順手12repと逆手12repです。

これも大円筋の刺激です。

とにかくターゲットに色々な刺激入れて、筋肥大効果を狙っているわけですね。

ピックアップ記事

  1. 英作文添削サイト「Fruitful English(FE:フルーツフルイングリッ…
  2. サラリーマン技術士は「収入のポートフォリオ」を構築しよう
  3. English Bell(イングリッシュベル)のDME、5ヶ月でようやく2冊目終…
  4. ベンチプレスの重量が伸びないのは、トレーニング頻度が少なすぎるから
  5. わたしが技術士の資格取得を目指した理由

関連記事

  1. 筋トレ

    スクワットのボトムでは太もも主導ではなく、尻(大殿筋)主導で踏むのが大事【190902】

    どーも、ダイです。昨日の下半身トレーニングをまとめます。…

  2. 背中

    背中の広がりにフォーカスした背中トレーニング【190810】

    今回のパーソナルトレーニングは、背中と肩の後ろをリクエスト。当分土曜日…

  3. 筋トレ

    筋トレ(ボディメイク)と有酸素運動(トライアスロン)の両立に向けた考え方

    ボディメイクの進捗に関してはこちらのブログにまとめていたのですが、体重…

  4. 胸に効かせるトレーニングは物理的刺激と化学的刺激を必ずいれること

    もとのスケジュールでは背中の日だったのですが、本日背中を行うと、次回の…

  5. 筋トレ

    体脂肪を減らすためには下半身の筋トレか重要な理由

    昨日立てました予定では本日背中の筋トレに行く予定だったんですけど、やめ…

  6. 筋トレ

    トライアスロンとパワーリフティングとボディメイク、どれにも活かせる筋トレを目指す

    どーも、ダイです。ブログを再開します。2月くらいまでは筋トレ日…

無料メール講座

ふとした思考や行動

  1. 英語

    English Bell(イングリッシュベル)のDME、5ヶ月でようやく2冊目終…
  2. 技術士

    わたしが技術士の資格取得を目指した理由
  3. ベンチプレス

    ベンチプレスの重量が伸びないのは、トレーニング頻度が少なすぎるから
  4. 筋トレ

    トライアスロンとパワーリフティングとボディメイク、どれにも活かせる筋トレを目指す…
  5. 生産性

    これからは「リソース」を増やすことはやめて、「強み」として育てる
PAGE TOP