英語

最終更新日: 2019.07.20

自己紹介文、自分の詳細を説明をする際、関係代名詞whoで追加してはいけません Vol.39

4月からこちらで働かせていただくダイといいます。

作文例
My name is Ichiro Kajitsu, I will be working here from this April.

わたしの作文
I am Dai, (A)who start to work(A) here from (B)Arpil.

添削結果
I am Dai, (A)I will be working(A) here from (B)April.

<解説>

・指摘事項(A)

自分を「who」で補足説明するは不自然です。

いやー、今日の先生はハズレでした!

実は全体のコメント量としては、以下の感じだったんです・・・。

ダイさん、こんにちは。

概ねよく書けていたと思いますが、ところどころ他人行儀な表現になっています。

・指摘事項(A)
自分を「who」で補足説明するは不自然です。

・指摘事項(D)
・・・

・指摘事項(E)
・・・

今まで添削してもらった先生の中で、ワースト3には確実に入ります。
添削実績200件以上もあるので、こんなケースは現時点で1%未満の確率なんですが・・・。

いつもフルーツフルイングリッシュをおすすめしていますが、このような悪い例もしっかりお伝えしておかないといけません。

さて、これで終わると、クレームまがいで終わってしまうので、「~で働いている」という表現のTipsを追記します。

「働く」というとworkという動詞がすぐに頭に浮かんでくると思いますが、 後にくる前置詞としては、for, in, atの3つがあります。

わたしは抜いてしまいましたが・・・・。

work forは、forの後に来るものと雇用契約がある場合に使用します。 つまり、会社にも人にも使えます。

例)I work for bucho Company.

work inは室内にあたるような場所や部門、業界などを置きます。

例)I work in a hospital/the automotive industry.

work atは、会社・場所として、働いている場所を指すスタンダードな表現で、 特にピンポイントで伝える場合に使います。

例) I work at Starbucks coffee in Tokyo.

forの使い方が少し難しいですね。

この添削に関してフォローが入りましたら、また伝えますね。

ではでは!


こちらがわたしの鍛錬サイトです。
英作文のフルーツフルイングリッシュ英作文のフルーツフルイングリッシュ

Review記事は、英作文添削サイト「Fruitful English(FE:フルーツフルイングリッシュ)」のいいところ、悪いところをまとめてみました!を参考にしてください。

英語を話す力も鍛えたい!そんな方は・・・
Engish Bell(イングリッシュベル)のDMEでスピーキング能力を覚醒させる試みを開始しています!のReviewを参考に。

ピックアップ記事

  1. これからは「リソース」を増やすことはやめて、「強み」として育てる
  2. トライアスロンとパワーリフティングとボディメイク、どれにも活かせる筋トレを目指す…
  3. 受験申込書作成コンサル
  4. English Bell(イングリッシュベル)のDME、5ヶ月でようやく2冊目終…
  5. わたしが技術士の資格取得を目指した理由

関連記事

  1. 英語

    社会人の英語勉強法!手当たり次第に学習しても無駄!「選択と集中」が大事である!

    この記事は、社会人の英語勉強法!英語能力の向上に役立つ英語資格試験を評…

  2. 英語

    <コラム>Please be patient「しばらくお待ち下さい」の正しい使い方

    同僚のMr. Lに指摘してもらって、「おー-----」って学習したこと…

  3. 英語

    「何か他に気になる問題があれば」「お役に立つことがあれば」の英語表現の違い Vol.25

    今回は 「何か他に気になる問題があれば」「お役に立つことがあれば」に関…

  4. 英語

    使役動詞get / have / let / makeの使い分け、今一度確認しておきましょう  Vo…

    今日の課題は実に基本的な事項である使役動詞になります。だからと…

  5. 英語

    Grateful 「感謝する」の使用方法とニュアンス Vol.96

    日本語を噛み砕いて英訳したとしても、英単語自体の持つ語彙感、ニュアンス…

  6. 英語

    ~を楽しみにしている=look forward toの正しい使い方 Vol.77

    「~を楽しみにしている」ときたら、「look forward to」を…

無料メール講座

ふとした思考や行動

  1. 英語

    English Bell(イングリッシュベル)のDMEでスピーキング能力を覚醒さ…
  2. 生産性

    これからは「リソース」を増やすことはやめて、「強み」として育てる
  3. 筋トレ

    トライアスロンとパワーリフティングとボディメイク、どれにも活かせる筋トレを目指す…
  4. 英語

    English Bell(イングリッシュベル)のDME、5ヶ月でようやく2冊目終…
  5. 副業

    サラリーマンが副業で稼ぐためにマーケティングを学び始めてから身につけたセールスに…
PAGE TOP