英語

最終更新日: 2019.07.20

日付の英語表現 Vol.38

何度も何度も習っているのに、英作文となると必ず間違えてしまう日付表現。

みなさんもこれを機にぜひマスターしてください。

2018年4月1日時点で満18歳以上の方

作文例
18 years old or above as of April 1, 2018

わたしの作文
a person who is (A)more than 18 years old(A) at 1st April in 2018

添削結果
a person who is (A)18 years old or above(A) at 1st April in 2018

今回の英作文には、ポイントとして、「〇〇以上」、「~時点で」、「日付の表記」と以外と表現に悩む項目が凝縮されています。

<解説>

テキスト1ですが「満18歳以上」とありますので、18 years old or above が適切だと思います。
英語では more than 18 years old は「19歳以上」という解釈になります。

more than や over は「超える」「~より多い」という表現ですので、over 10 years ですと「10年以上」と日本語に訳されることが多いのですが、「10年を超えて」となりますので、基準になる10は含まれません。「以上」を表す場合 and more, and over, or above, or more が数字の後に付けられます。

よってテキスト4の「10日以上」も more than ですと 10 は含まれないニュアンスですので、10 or more days, 10 days or more が適切だと思います。

<参考>
younger than 18 years old, under the age of 18『18歳未満』
less than 1000 yen「1,000円未満」
under 15 years old「15歳未満」
below 2 degrees 「2度未満」

みなさん、できましたか?^^

ではでは!


こちらがわたしの鍛錬サイトです。
英作文のフルーツフルイングリッシュ英作文のフルーツフルイングリッシュ

Review記事は、英作文添削サイト「Fruitful English(FE:フルーツフルイングリッシュ)」のいいところ、悪いところをまとめてみました!を参考にしてください。

英語を話す力も鍛えたい!そんな方は・・・
Engish Bell(イングリッシュベル)のDMEでスピーキング能力を覚醒させる試みを開始しています!のReviewを参考に。

ピックアップ記事

  1. English Bell(イングリッシュベル)のDMEでスピーキング能力を覚醒さ…
  2. English Bell(イングリッシュベル)のDME、5ヶ月でようやく2冊目終…
  3. サラリーマン技術士は「収入のポートフォリオ」を構築しよう
  4. わたしが技術士の資格取得を目指した理由
  5. これからは「リソース」を増やすことはやめて、「強み」として育てる

関連記事

  1. 英語

    「金曜日の予約をとった」を英語で表現する時に気をつけるポイントは? Vol.83

    今回はタイトルに迷いました。検索では絶対にヒットしないタイトル…

  2. 英語

    Increase(増加する)を使用する場合には、主語が「量」なのか「質」なのかを考慮する必要がある …

    今回の課題は、日本語の直訳をしない例ともいえますし、ある名詞に対応でき…

  3. 英語

    受け身+進行形は間違いやすい!? 態は正しく表現しましょう Vol.93

    今回は、「あっ!しまった・・・」っていう間違いをしました。そん…

  4. 英語

    「〜があれば助かります」の定型表現 Vol.79

    今回の課題は英語表現です。ビジネスメールという前提での表現にな…

  5. 英語

    ”朝活”は英語でなんという??morning activityでは不適切です!Vol.34

    今回の課題は、朝活の表現の仕方です。"morning acti…

無料メール講座

ふとした思考や行動

  1. 筋トレ

    トライアスロンとパワーリフティングとボディメイク、どれにも活かせる筋トレを目指す…
  2. 技術士

    受験申込書作成コンサル
  3. 英語

    English Bell(イングリッシュベル)のDME、5ヶ月でようやく2冊目終…
  4. 技術士

    わたしが技術士の資格取得を目指した理由
  5. 生産性

    これからは「リソース」を増やすことはやめて、「強み」として育てる
PAGE TOP