トライアスロン

【2018年五島長崎国際トライアスロン大会】レース後の動向

【2018年五島長崎国際トライアスロン大会】ラン編の続きになります。

ゴール後

すぐに妻の存在に気がつきました。
ゴールで待っていてくれました。

もうだめかと思ったそうです。

写真は妻がギリギリのタイミングで取ってくれた貴重な一枚です。

係の方にFinisherメダルをかけていただき、そしてFinisherタオルをいただきました。

少しふらついたので、近くのパイプいすに腰をかけることにしました。
ここで計測バンドを係りの方に取り外していただきました。

このいすで後続がゴールするのを見守ることに。

14:58:05ゴールの方が最後でしたね。

で、アナウンスの15時間に向けてのカウントダウンが始まります。
10,9,8・・・・3,2,1

0!!と同時に時計が止まり、ゴールはストンと消灯となりました。

これ以降の余韻は全くありません。
一斉に片づけが始まりました。

あっという間でしたね〜

15時間経過前と後では、全く様相が異なりました。

ここで改めて完走できて本当によかったと思いました。

ここからは帰り支度。
スイムバッグとバイクバッグを受け取りました。

妻と会い、わたしはゴール後の五島うどんをいただきました。
食欲は十分。
美味しかったですねーー。

ゴール後の写真も撮影し、荷物を受け取ってホテルに戻りました。

ホテル帰宅後

ホットモットのお弁当を買って帰り、のり弁当、唐揚げ弁当、生姜焼き弁当を食べました。
ごはんは少し残しましたが・・・・。

食欲は旺盛だったのですが、体がバキバキになりました。
右膝は曲げるのがつらい状況に・・・・。

それでもレース道具の整理および洗濯を行い、1:00am就寝

翌日の6/18

6/18 は朝から大忙しです。

9:00にはバイクの集荷があるということで6:30に起床、7:00には朝食をとりました。
7:30にはバイクを受け取りに行き、梱包作業開始。

9時くらいに完了。

シクロプレスの方がすでに集荷に来ていたので、預託して作業完了です。

その後はホテルをCheckoutし、荷物を一旦預けて閉会式会場へ行きましたね。

そこで記録証とリザルトを受領し、閉会式に参加、外で少しご飯をいただき会場を後にしました。

6/18(月)JETフォイル 福江港発13:40→長崎港着15:05

この間に少し時間があったので寄り道しました。

IMG 3911

6/18(月)JL616 長崎空港発20:25→羽田空港着22:05→東京実家

全行程終了です。

ピックアップ記事

  1. これからは「リソース」を増やすことはやめて、「強み」として育てる
  2. 保護中: 受験申込書作成コンサル
  3. サラリーマン技術士は「収入のポートフォリオ」を構築しよう
  4. 「時間」の本質、理解していますか?
  5. サラリーマンが副業で稼ぐために、マーケティングを学び始めてから身につけた5つのセ…

関連記事

  1. トライアスロン

    腰痛回復段階でのリハビリにはバイクのローラートレーニングがおすすめ

    腰痛がある時のトレーニングは本当に悩ましいものです。基本的には…

  2. トライアスロン

    バイクの地脚とランの地脚の違いについて

    バイク70kmで気が付いたこと初めの20kmをウォーミングアップと…

  3. トライアスロン

    スイムにおけるウォーミングアップの重要性

    バイク20kmのトレーニングを終え、肩周りと腸腰筋をほぐしてスイムのウ…

  4. トライアスロン

    Training management and calculation method based o…

    日本語版はこちらです。TSSをベースにしたトレーニング管理および計…

  5. トライアスロン

    スイムのLTペース : CSS(Critical Swim Speed)の決定方法

    スイムにおけるCSS(Critical Swim Speed)はバイク…

  6. トライアスロン

    ロングレース中の補給に関する検証

    2018年五島長崎国際トライアスロン大会におけるレース中のエネルギーと…

ふとした思考や行動

  1. 副業

    サラリーマンが副業で稼ぐために、マーケティングを学び始めてから身につけた5つのセ…
  2. 技術士

    保護中: 受験申込書作成コンサル
  3. 時間術

    「時間」の本質、理解していますか?
  4. 技術士

    技術士二次試験 選択科目Ⅰ(専門知識)の対策とキモ
  5. 生産性

    これからは「リソース」を増やすことはやめて、「強み」として育てる
PAGE TOP