トライアスロン

バイクの地脚とランの地脚の違いについて

バイク70kmで気が付いたこと

初めの20kmをウォーミングアップとして、Zone4以上のパワーで10kmを4本、残り10kmをZone3以下のパワーで行く感じでした。

結果として、あまり心拍が上がらないなりにパワーが継続できるようになってきたので、少しずつパフォーマンスが上がっているかもしれません。

脚のダメージもほとんどなく、疲れはとにかく心肺機能のみですね。

ランのトレーニングで気が付いたこと

体がたいぶ疲労していても、心拍が上がらないくらい疲労していても、「地脚作り」は何としてもやっておかねばなりません。

そこで10kmを平均にして6:30min/kmのペースで行いました。

筋力的にというよりも、心肺機能の反応が悪くZone3に入ってくれませんでした。ペースも上がるわけありません。疲れていても走れる技術を確認するため、距離も5kmでやめず10kmまで持っていきました。

どんなに疲れていても30kmをこれくらいペースじ走り続けられる脚ができれぱ、だいぶ安心できます。

ではでは。

ピックアップ記事

  1. まだ部下の教育に消耗してます?
  2. 時間捻出できない人のための「減らす技術」
  3. これからは「リソース」を増やすことはやめて、「強み」として育てる
  4. サラリーマン技術士は「収入のポートフォリオ」を構築しよう
  5. サラリーマンが副業で稼ぐために、マーケティングを学び始めてから身につけた5つのセ…

関連記事

  1. トライアスロン

    【2018年五島長崎国際トライアスロン大会】スイム-バイクトランジット編

    【2018年五島長崎国際トライアスロン大会】スイム編の続きになります。…

  2. トライアスロン

    バイク150kmからのブリックラン5km走で確認したこと

    今回は先日の補給トレーニングの続編になります。ロングレース必須種目…

  3. トライアスロン

    トライアスロンレースのダメージに関する考察

    あるディスタンスレースにおけるトライアスロンのダメージは、選手のレベル…

  4. トライアスロン

    【2018年五島長崎国際トライアスロン大会】レース後の動向

    【2018年五島長崎国際トライアスロン大会】ラン編の続きになります。…

  5. トライアスロン

    TrainingpeaksのrTSS算出はどのように行われているのか : rTSSの補正について

    TrainingpeaksのrTSSの算出方法はこのように記載されてい…

ふとした思考や行動

  1. 技術士

    保護中: 受験申込書作成コンサル
  2. 時間術

    時間捻出できない人のための「減らす技術」
  3. 生産性

    これからは「リソース」を増やすことはやめて、「強み」として育てる
  4. 副業

    サラリーマン技術士は「収入のポートフォリオ」を構築しよう
  5. 心理系

    キャリアチェンジとドリームキラーと成功体験と
PAGE TOP