英語

最終更新日: 2019.07.20

英文の中では丁寧表現、砕けた表現を統一しないといけません Vol.17

今回の課題は「丁寧表現と砕けた表現を文章全体の中で混在させないほうがよい」という例になります。

これらが混在すると、英文全体として違和感が出てしまいます。

私の間違いからこんな遅れになってしまい、本当に申し訳ございませんでした。

作文例
Please accept my sincere apologies for my mistake and the delay it caused.

わたしの作文
My mistake resulted in such (E)delay, (F)I’m so sorry.

添削結果
My mistake resulted in such (E)a delay, (F)I am terribly sorry for it.

<解説>
(F)の箇所ですが、
I’m so sorryのsoは「とても」と口語的な表現になります。

今回の文では、前文でI must apologize for~ととても丁寧な表現を使われています。

もっと早くに添付のレポートを送らず、申し訳ございません。
I must apologize to you for not sending the attached report earlier.

したがった、ここはI am deeply sorry for itやI am terribly sorry for itと非常に申し訳ないと丁寧な表現を使って表した方がいいです。

他にI am deeply/terribly sorry for my mistake and the delayと表すこともできます。

丁寧な表現と砕けた表現を混在させてはいけません。

ではでは!


こちらがわたしの鍛錬サイトです。
英作文のフルーツフルイングリッシュ英作文のフルーツフルイングリッシュ

Review記事は、英作文添削サイト「Fruitful English(FE:フルーツフルイングリッシュ)」のいいところ、悪いところをまとめてみました!を参考にしてください。

英語を話す力も鍛えたい!そんな方は・・・
Engish Bell(イングリッシュベル)のDMEでスピーキング能力を覚醒させる試みを開始しています!のReviewを参考に。

ピックアップ記事

  1. ベンチプレスの重量が伸びないのは、トレーニング頻度が少なすぎるから
  2. 受験申込書作成コンサル
  3. サラリーマン技術士は「収入のポートフォリオ」を構築しよう
  4. English Bell(イングリッシュベル)のDMEでスピーキング能力を覚醒さ…
  5. トライアスロンとパワーリフティングとボディメイク、どれにも活かせる筋トレを目指す…

関連記事

  1. 英語

    CheckとCheck overの違いについて Vol.15

    動詞+前置詞の形で表現の幅を広げることは、英語表現を豊かにするうえでと…

  2. 英語

    さらりと書けますか? 英作というよりも反射的に書けるようになりたい英文 Vol.87

    今回は定型フレーズになります。考えて書くというよりも覚えてしま…

  3. 英語

    while~ing, 「~している間に」 happen to~ 「たまたま、偶然、~する」 stop…

    今回の課題は語彙が豊富です。この一文を暗記してしまいましょう!…

  4. 英語

    関係代名詞 which / that の語感の差について Vol.64

    関係代名詞のwhich / thatは文法的には両方使えるケースでも、…

  5. 英語

    名詞の形容詞化 安全靴はSafety shoes、安全なお休みはa safe vacation Vo…

    今回の例題は、わたし自身まだ理解しきれていません。解説も怪しげ…

  6. 英語

    自己紹介文、自分の詳細を説明をする際、関係代名詞whoで追加してはいけません Vol.39

    4月からこちらで働かせていただくダイといいます。作文例My n…

無料メール講座

ふとした思考や行動

  1. 技術士

    受験申込書作成コンサル
  2. 英語

    English Bell(イングリッシュベル)のDMEでスピーキング能力を覚醒さ…
  3. 副業

    サラリーマンが副業で稼ぐためにマーケティングを学び始めてから身につけたセールスに…
  4. 筋トレ

    トライアスロンとパワーリフティングとボディメイク、どれにも活かせる筋トレを目指す…
  5. ベンチプレス

    ベンチプレスの重量が伸びないのは、トレーニング頻度が少なすぎるから
PAGE TOP