英語

最終更新日: 2019.07.20

「○○のうちのひとつに」One of 〜 の正しい使用方法 Vol.2

「○○のうちのひとつに」とみたら、One of と書き始められる方は多いと思います。

しかし、後続する部分にも型がしっかりありまして、これを間違えてはいけません。

今回はそんな例文になります。

「また、地元の特産品のひとつに、( )があります。」

()は、個々に好きな言葉を入れます。
この課題文の前には、自分の住んでいるところ、気候などを説明しています。

作文例
One of the local specialties is (Sake).

わたしの作文
Also, one of (D)special (E)products is chicken rice.

添削結果
Also, one of (D)the most famous (E)dishes is chicken rice.

One of “the” special productsの“the”が欠落しています。
この部分には、必ず定冠詞theまたは所有格がつきます。

正しい型は、

One of the/所有格+ (複数形の名詞)です。

文法問題としては間違わないとは思いますが、英作文として書くときは間違える可能性が高くなります。なぜなら、気を使う部分は他にもたくさんあるからです。

自然にかけるように訓練しておきましょう。

ちなみに、こんなコメントもいただきました。

※ シンガポール・チキンライスはいわゆる「ご当地料理」ですので、”one of special products”は不自然です。
one of the local dishes, one of the most popular/famous dishes などの表現が適切だと思います。

ではでは!


こちらがわたしの鍛錬サイトです。
英作文のフルーツフルイングリッシュ英作文のフルーツフルイングリッシュ

Review記事は、英作文添削サイト「Fruitful English(FE:フルーツフルイングリッシュ)」のいいところ、悪いところをまとめてみました!を参考にしてください。

英語を話す力も鍛えたい!そんな方は・・・
Engish Bell(イングリッシュベル)のDMEでスピーキング能力を覚醒させる試みを開始しています!のReviewを参考に。

ピックアップ記事

  1. トライアスロンとパワーリフティングとボディメイク、どれにも活かせる筋トレを目指す…
  2. English Bell(イングリッシュベル)のDMEでスピーキング能力を覚醒さ…
  3. ベンチプレスの重量が伸びないのは、トレーニング頻度が少なすぎるから
  4. わたしが技術士の資格取得を目指した理由
  5. サラリーマン技術士は「収入のポートフォリオ」を構築しよう

関連記事

  1. 英語

    <コラム>Please be patient「しばらくお待ち下さい」の正しい使い方

    同僚のMr. Lに指摘してもらって、「おー-----」って学習したこと…

  2. 英語

    できるだけ少ない単語数で意味を損なうことなく英訳することを意識しよう Vol.85

    今回の課題は、わたしがたまに指摘されます「できるだけ少ない単語数で英語…

  3. 英語

    「希望している」はbe hopingではなくask forの方が自然な例 Vol.63

    日本語のニュアンスと英語の表現が一致しない例になります。「希望…

  4. 英語

    時や条件を表す副詞節における現在完了形の使い方 Vol.51

    時や条件を表す副詞節の時制ってどのように書いたらよいか迷いませんか?…

  5. 英語

    「何か他に気になる問題があれば」「お役に立つことがあれば」の英語表現の違い Vol.25

    今回は 「何か他に気になる問題があれば」「お役に立つことがあれば」に関…

  6. 英語

    English Bell(イングリッシュベル)のDME、9ヶ月ほど継続していたら英語を話すのが楽にな…

    わたしはライティングスキル向上のために、ほぼ毎日英作文に取り組みその気…

無料メール講座

ふとした思考や行動

  1. 英語

    English Bell(イングリッシュベル)のDME、5ヶ月でようやく2冊目終…
  2. 筋トレ

    トライアスロンとパワーリフティングとボディメイク、どれにも活かせる筋トレを目指す…
  3. 副業

    サラリーマン技術士は「収入のポートフォリオ」を構築しよう
  4. ベンチプレス

    ベンチプレスの重量が伸びないのは、トレーニング頻度が少なすぎるから
  5. 生産性

    これからは「リソース」を増やすことはやめて、「強み」として育てる
PAGE TOP