トライアスロン

バイク高負荷トレーニングで心肺機能を向上させる方法

腰痛も少しずつ快復の兆しが出た後には、少しずつ負荷を上げていくことを考えます。

腰痛回復段階でのリハビリにはバイクのローラートレーニングがおすすめに引き続き、バイクのトレーニングを行いました。

Overall

IMG 3056

今のところ日毎に負荷を上げることができています。
時間にして40分、残りの5分はCoolingDownでした。

出力は20分平均で216W、NPで195Wなので、わたしにしては良い方です。

 

以下はリライト前の話になります。

自動検出で得られるFTPがどんどん下がっているのはちょっと気になります。

というのも、リハビリを開始してからのトレーニングでは、今日が1番高い数字が出ると思ったからです。
予想に反した結果となりました。

今後はどのようにFTPが検出されるのか観察するため、新FTPが検出されるごとに削除せずに登録することにします。
==>最新の状況では固定値にしております。

注意点としては、TSSによる疲労管理には、TrainingPeaks側でしっかり行うこととします。

 

心拍

IMG 3057

平均値で155bpm max180bpm届きました。
バイクで検出した最高値ではないかと思います。

LTHRが164bpmでしたので、170bpmを超えてからはかなり苦しかったんですけど、180bpmを叩いた後の165bpmはなぜか楽でしたね。
やはり高強度は新しい発見があります。さて、一般的には最大心拍数の計算は、「220 −年齢」で得ることができます。
わたしの場合は、178bpmということになります。

今回は、まだリハビリ段階なのにバイクで180bpmでましたし、Runのトレーニングでも最後のWindSprintで179bpmにさくっと到達したことを考えると、わたしの最大心拍数はもっと上にある気がします。
==>わたしのバイクのMAX心拍数は185bpmです。

頻繁には挑戦できませんが、改めてRunでも確認してみようと思います。

Training Effect(TE)

これぐらい十分に心拍に負荷がかけられると、TEも4を超えてくれて短時間でもそれなりの練習効果が得られます。

最近はこの手法が大好きです。

このトレーニングを続けていれば、VO2MAXもそのうち戻ってくれることでしょう。

こちらの話になりますので、読んでみてください。
Garmin watchの「VO2MAX」の解釈の仕方を考えました

Heartrate ZONEとPower ZONE

PowerZoneでは、Zone4以上で50%以上、HeartrateZoneもZone4以上で50%以上占めているで満足です。

IMG 3059

まとめ

30-40分もあれば、トレーニング効果の高いトレーニングを行うことができます。

この場合のトレーニング効果とは、どの心拍数領域でトレーニングを行ったかに依存します。

ではでは。

ピックアップ記事

  1. 時間捻出できない人のための「減らす技術」
  2. キャリアチェンジとドリームキラーと成功体験と
  3. サラリーマン技術士は「収入のポートフォリオ」を構築しよう
  4. 技術士二次試験 選択科目Ⅰ(専門知識)の対策とキモ
  5. まだ部下の教育に消耗してます?

関連記事

  1. トライアスロン

    【2018年五島長崎国際トライアスロン大会】レース後の動向

    【2018年五島長崎国際トライアスロン大会】ラン編の続きになります。…

  2. トライアスロン

    バイクの地脚とランの地脚の違いについて

    バイク70kmで気が付いたこと初めの20kmをウォーミングアップと…

  3. トライアスロン

    ピーキングとテーパリングの違いは?

    レースまであと2week(20日)となりました。これからの2週…

ふとした思考や行動

  1. 時間術

    時間捻出できない人のための「減らす技術」
  2. 技術士

    保護中: 受験申込書作成コンサル
  3. 心理系

    キャリアチェンジとドリームキラーと成功体験と
  4. 管理術

    まだ部下の教育に消耗してます?
  5. 副業

    サラリーマンが副業で稼ぐために、マーケティングを学び始めてから身につけた5つのセ…
PAGE TOP