トライアスロン

ロングレースにおけるスイムパフォーマンスの分析とLTペース、スピードゾーンの見直し

ロングレースにおけるスイム結果の詳細は、【2018年五島長崎国際トライアスロン大会】スイム編に記載しています。

実はわたし、トレーニングをしていく中で少しずつスイムパフォーマンスが上がってきたかもと思いながらも、レース当日までLTペース:2:07設定(1000mTT)LTHR142としてスピードゾーンと心拍ゾーンを定めていました。

しかし、ロングレースでは、このLTペースと平均HRでロングレース3800mを泳ぎ、そして余力はありました。

ということは、これらの値が閾値ではないということです。
Swimパフォーマンスのベースが明らかに上がっています。

そこで、LTペースおよびLTHRを再設定することにします。

CSS算出

こちらで求めています。
スイムのLTペース : CSS(Critical Swim Speed)の決定方法

CSSは1:57

<Coquelin Swim Speed Zone>
Warm up Zone 89-90% 2:11-2:10
Grey Zone 91% 2:09
Endurance Zone 92-94% 2:07-2:04
Tempo Zone 95-98% 2:03-1:59
Threshold Zone 99-106% 1:58-1:50
Supra threshold 106-119% 1:50-1:38
All Out Effort 120% and over 1:38>

1000mTTの結果からLTペースおよびスピードゾーンを確認

とある日、最初の400mをUPし、そのまま調子がよいので1000mTTにしたとき、20:06でした。
(心拍計をつけていなかったこと、前半と後半のペース差がどれくらいなのかよくわからないのが残念です・・・。)

少しサバ読みして20:00で泳げると考えると、2:00が閾値ペースになります。
こう考えるとCSSの方が3秒速いことになります。

1000mTTの結果から、スピードゾーンの決定

このゾーンは1000mTTが19:27-20:06の人では同じ結果になります。
(表はトライアスロントレーニングバイブルP.94表4-1抜粋で左からZone 1,2,3,4,5a,5b,5c)

ロングレースのペースゾーン確認

ロングレース2:06/100mのペースは、CoquelinのゾーンによるとEndurance Zoneに相当します。

<Coquelin Swim Speed Zone>
Warm up Zone 89-90% 2:11-2:10
Grey Zone 91% 2:09
Endurance Zone 92-94% 2:07-2:04
Tempo Zone 95-98% 2:03-1:59
Threshold Zone 99-106% 1:58-1:50
Supra threshold 106-119% 1:50-1:38
All Out Effort 120% and over 1:38>

Joe Frielのゾーンですと、ゾーン4相当になります。

逆に2:06/100mのペースが、

ゾーン3となるには、1000mTTが18:49-19:26 →1:53-1:57ペース
ゾーン3となるには、1000mTTが18:13-18:48 →1:53-1:50ペース
ゾーン2となるには、1000mTTが17:39-18:12   →1:46-1:49ペース

の泳力でないといけないことになります。

さすがに今のレベルで1000mを1:46-1:49ペースで泳げるとは思えないですね。

1:53-1:57、もしくは1:53-1:50ペースなら、気合入れればいけるのかもしれません。

UP込みで実施した1000mTT 20:06であるなら、しっかりウォーミングアップした後に測定開始したら出る気もします。

となると、

1000mTTは18:13-18:48 →1:53-1:50ペースのゾーンに設定します。

 

CoquelinとJoe Frielのスピードゾーンの違い

図の方がわかりやすそうなので、絵を描いてみました。

各ゾーンの境界は、Joe Frielのほうが自分の感覚とマッチしますね。

スイムの心拍データ

これも低すぎですね。

1000mTTは心拍計をつけていませんでした。・・・
ゾーン3が142になるように、ゾーン5bが160くらいになるように探ってみた結果・・・

ペースと心拍がだいたい一致していそうなので,これを設定します。

IF計算用のFTペースの設定

スイムはsTSS計算において、IFが3乗で効きますので設定が重要です。

現在の候補は
1. 1000TT・・・・2:00
2. CSS・・・1:57
3. Joe Frielゾーンからの逆算・・・1:53

CSSをFTペースに設定するのが一番妥当な気がします。

1はWarmingUPを兼ねていますし、3は見込み具合が大きすぎです。
2はもう少し速くなる気もしますが、実績であることと力の出し具合が最も全力に近いです。

FTペース=CSS=1:57

sTSSの数値変化の確認

(117/127)^3 = 0.782
つまり、22%TSSが低下します。

その分CTLが上がりにくくなりますね。

具体的には、平均ペース2:00で30分トレーニングを行なった場合、

以前のsTSSは100 x 0.5 x (127/120)^3 = 59
見直しsTSSは100 x 0.5 x (117/120)^3 = 46

59 x 0.782 = 46

まとめ

IF計算用のFTペースはCSSを採用し1:57とする。

これにより、今までと同じペースでトレーニングを行なうとsTSSは22%低下する。
つまり、疲れがたまりにくくなると同時に、スイムパフォーマンスが上がりにくい方向にシフトする。

適切な強度でトレーニングし、適宜CSSを測定しようと思う。

ゾーン設定


ではでは。

ピックアップ記事

  1. キャリアチェンジとドリームキラーと成功体験と
  2. サラリーマン技術士は「収入のポートフォリオ」を構築しよう
  3. サラリーマンが副業で稼ぐためにマーケティングを学び始めてから身につけたセールスに…
  4. 英作文添削サイト「Fruitful English(FE:フルーツフルイングリッ…
  5. これからは「リソース」を増やすことはやめて、「強み」として育てる

関連記事

  1. トライアスロン

    スイムにおけるウォーミングアップの重要性

    バイク20kmのトレーニングを終え、肩周りと腸腰筋をほぐしてスイムのウ…

  2. トライアスロン

    20分間のFTP測定に失敗する(心が折れる)人のためのFTP設定方法

    FTPの測定方法は、パワートレーニングバイブルに書かれている「5分全力…

  3. トライアスロン

    アイアンレースに向けたボディメイクにトライアスロントレーニングを組み込んでいきます!

    ボーナス期間終了!トライアスロンのトレーニングを開始します!ということ…

  4. トライアスロン

    海外ロングレース大会に向けた準備品のまとめ

    ロングレースに必要なアイテムを一覧表にまとめました。一部はもち…

  5. トライアスロン

    ピーキングとテーパリングの違いは?

    レースまであと2week(20日)となりました。これからの2週…

カテゴリー

ふとした思考や行動

  1. 英語

    English Bell(イングリッシュベル)のDME、5ヶ月でようやく2冊目終…
  2. 技術士

    保護中: 受験申込書作成コンサル
  3. 英語

    英作文添削サイト「Fruitful English(FE:フルーツフルイングリッ…
  4. 英語

    English Bell(イングリッシュベル)のDMEでスピーキング能力を覚醒さ…
  5. 生産性

    これからは「リソース」を増やすことはやめて、「強み」として育てる
PAGE TOP