英語

最終更新日: 2019.07.20

「確認する」という語彙の使い分け–check, confirm, verify, validate, ascertain Vol.13

「確認する」と表現する英単語は数種類あります。

今回はこの微妙な意味の差についてしっかり整理しておきます。

項目番号2の責任者であるスペンサーが、彼らの維持費を抑える為、と確認しました。

作文例
Spencer, who is in charge of item #2, confirmed it was to keep their maintenance costs down.

わたしの作文
Spencer, who is (E)the charge of item No.2, (F)checked that it’s to save their running cost.

添削結果
Spencer, who is (E)in charge of item No.2, (F)confirmed that it’s to save their running cost.

<解説>

(F)confirmed
checkにすると「~かどうか見てみる、点検する」という感じになり、confirmは「ある状態,正しい状態になっているか確認する」となります。「checkしてconfirmする」という違いになります。

(E)の「in」の脱落は、修正ボタンを押したつもりが、提出ボタンを押してしまいました。

checkとconfirmの違いは抑えているつもりでしたが、指摘されてしまいましたね・・・。

わたしの「確認する」という語彙の使い分け認識は、
check ・・・ノーマルのcheck、軽めのニュアンス
confirm・・・最終確認、いいですね?のCheck
verify・・・真実であるかの確認
validate・・・妥当性の検証
ascertain・・・より確かなものにするための確認

です。

今回の問題では、最終確認のニュアンスに受け止めなかったので、「Check」にした気がします。

ではでは!


こちらがわたしの鍛錬サイトです。
英作文のフルーツフルイングリッシュ英作文のフルーツフルイングリッシュ

Review記事は、英作文添削サイト「Fruitful English(FE:フルーツフルイングリッシュ)」のいいところ、悪いところをまとめてみました!を参考にしてください。

英語を話す力も鍛えたい!そんな方は・・・
Engish Bell(イングリッシュベル)のDMEでスピーキング能力を覚醒させる試みを開始しています!のReviewを参考に。

ピックアップ記事

  1. サラリーマン技術士は「収入のポートフォリオ」を構築しよう
  2. わたしが技術士の資格取得を目指した理由
  3. これからは「リソース」を増やすことはやめて、「強み」として育てる
  4. ベンチプレスの重量が伸びないのは、トレーニング頻度が少なすぎるから
  5. English Bell(イングリッシュベル)のDMEでスピーキング能力を覚醒さ…

関連記事

  1. 英語

    主語を見誤ると、構文がガタガタになる良い例を示します Vol.27

    主語を見誤ると、構文がガタガタになる良い例を課題を通してお伝えします。…

  2. 英語

    冠詞の選択が難しい英作文 Vol.71

    今回の課題は、冠詞です。勘で書くのではなく、理由を説明できるよ…

  3. 英語

    日本のゴールデンウィークを英文で正しく表現しよう Vol.86

    今回は日本でおなじみのゴールデンウィークを使った英訳になります。…

  4. 英語

    仮定法なのか未来における条件なのか、しっかり状況を判断して英作文すべし Vol.68

    仮定法の課題です。仮定法の英文を連続して書いていると、いきおい…

  5. 英語

    「カジュアルデイ」の英語表現、できますか? Vol.94

    このような表題にしてしまいますと、英作文するのに構えてしまいますよね。…

  6. 英語

    will と be going to の違い Vol.84

    今回の課題は、暗唱するのも苦でないくらい短い文章です。しかしど…

無料メール講座

ふとした思考や行動

  1. ベンチプレス

    ベンチプレスの重量が伸びないのは、トレーニング頻度が少なすぎるから
  2. 英語

    English Bell(イングリッシュベル)のDMEでスピーキング能力を覚醒さ…
  3. 技術士

    わたしが技術士の資格取得を目指した理由
  4. 副業

    サラリーマン技術士は「収入のポートフォリオ」を構築しよう
  5. 筋トレ

    トライアスロンとパワーリフティングとボディメイク、どれにも活かせる筋トレを目指す…
PAGE TOP