トライアスロン

最終更新日: 2020.01.5

トライアスロンで下半身の筋トレは必要か?

以前は下半身の筋トレを全くやっていなかったんですが、やはりボディメイクにしてもトライアスロンにしても、下半身のトレーニングはしっかりやっておいた方が良いと言う考えにかわりました。

下半身の筋力トレーニングとしては、

  • メインをスクワット
  • 瞬発力養成をパワークリーンとジャンプ系
  • 消費カロリー増大にはランジ系

を入れるような組み立てです。

メインのスクワットから入って、頂点を130キロのアセンディンクセットとしました。

130キロは3repとしたんですけど、ちょっと浅かったような気がしますね。MAX付近ですと1人だとあんまり深くまで行けないようですね・・・。

立ち上がる時のスピードはいつも意識し、できるだけ早く立ち上がるようにしています。

まぁそれでも3回ぐらい出ているので、どうでしょう・・・、MAXだと140キロくらいなんですかね?

分かんないんですけど。

エリアをそのままキープしたかったので、次にパワークリーンに移りました。これは瞬発力を養うために実施しています。

トライアスリートに必要かというと、重要度は下がると思います。

しかし、年をとるにつれて、筋力よりもどうやら瞬発力が低下するようなのです。

ですから、動きの速さには最近気を使ってトレーニングしていますね。

で、パワークリーンは50キロから始めて、最終的には65キロ3repまで行いましたが、相当疲労しましたねーこれは。

わたしのパワークリーンは持ち上げたときに潜り込むようなやり方ではありません。(みなさんはどうですかね?)

地面スレスレから下半身の瞬発力で肩のラインまで一気に上げるようなやり方にしています。

ただし、足の幅を靴一個分だけ広げてキャッチするようにしてます。

これは安定感を保つためなんですが、これによって挙上高さが少し低くなりますね。

最後に、ウォーキングランジを行う予定だったんですけども、疲れてしまったので、今日はこれで上がりました。

ということで本日のメニューは以下の通りです。

11/24 Anytime Fitness 下半身

アップ
自重スクワット20rep
KBスクワット6kg 10rep 2set
リフトアップ 25kg 10rep
パワークリーン 35kg 15rep

スクワット
60kg 15rep
80kg 10rep
110kg 6rep
130kg 3rep(あさい!)
100kg 6rep

パワークリーン
50kg 10rep
55kg 7rep
60kg 5rep
65kg 3rep

いやー下半身のトレーニングはきついですね!!

ただし消費カロリーも大きいので体脂肪が燃えてくれていることを祈ります。

ピックアップ記事

  1. サラリーマン技術士は「収入のポートフォリオ」を構築しよう
  2. English Bell(イングリッシュベル)のDME、5ヶ月でようやく2冊目終…
  3. English Bell(イングリッシュベル)のDMEでスピーキング能力を覚醒さ…
  4. わたしが技術士の資格取得を目指した理由
  5. これからは「リソース」を増やすことはやめて、「強み」として育てる

関連記事

  1. トライアスロン

    バイク150kmからのブリックラン5km走で確認したこと

    今回は以下のことを確認してするためにトレーニングを行いました。…

  2. 背中

    背中の厚みと広がりの両方を求めるトレーニング

    昨日スクワットを行い、下半身はまだ回復していないこと、そして広さのトレ…

  3. トライアスロン

    【2018年五島長崎国際トライアスロン大会】ラン編

    【2018年五島長崎国際トライアスロン大会】バイク-ラントランジット編…

  4. トライアスロン

    トライアスロンのリカバリーにはスイムが最適

    疲労に抜き方には、何もしないでただただ休む完全休養と、少し運動をするこ…

  5. 筋トレ

    スクワットのボトムでは太もも主導ではなく、尻(大殿筋)主導で踏むのが大事【190902】

    どーも、ダイです。昨日の下半身トレーニングをまとめます。…

無料メール講座

ふとした思考や行動

  1. 筋トレ

    トライアスロンとパワーリフティングとボディメイク、どれにも活かせる筋トレを目指す…
  2. 副業

    サラリーマン技術士は「収入のポートフォリオ」を構築しよう
  3. 技術士

    わたしが技術士の資格取得を目指した理由
  4. 技術士

    受験申込書作成コンサル
  5. ベンチプレス

    ベンチプレスの重量が伸びないのは、トレーニング頻度が少なすぎるから
PAGE TOP