英語

最終更新日: 2019.07.20

「〇〇でぐちゃぐちゃ」の英語表現方法 Vol.23

今回は、グチャグチャな状態を英子で表現する課題になります。

添付ファイルは文字化けや記号でごちゃごちゃです。

作文例
Your attachment is a jumble of unreadable letters and symbols.

わたしの作文
The attached(E) is in a mess (F)by misconversion and symbol.

添削結果
The attached(E) file is in a mess (F)with misconversion and symbol.

<解説>
(F)の箇所ですが、
in a mess byと表した場合、「~による」や「~のそばで」という意味を表します。
例: The car lay in a tangled mess by the roadside
「車は道路わきでぐちゃぐちゃな状態で残されていた」

ここでは「~で」「~をもって」と意味を表すwithを使い、
In a mess (F)with misconversion and symbol
「文字化けや記号でぐちゃぐちゃです」
という意味で表すことができます。

(E)のThe attachedは間違っていないと思っていたのですが・・・。
わたしは、実際に社内でメールを書く時も、毎回the attached 〇〇の「〇〇」の部分を省略していました。

ぐちゃぐちゃな状態を「in a mess」で表現できたところまではよかったのですが、前置詞を間違っていたようです。

byを使うと、「文字化けや記号によりぐちゃぐちゃです・・・。」

うーん・・・これだけ読むとおかしくない気もしますが、きっとおかしいのでしょう。

in a mess with~で頭に入れてしまったほうがいいですね。

ではでは。


こちらがわたしの鍛錬サイトです。
英作文のフルーツフルイングリッシュ英作文のフルーツフルイングリッシュ

Review記事は、英作文添削サイト「Fruitful English(FE:フルーツフルイングリッシュ)」のいいところ、悪いところをまとめてみました!を参考にしてください。

英語を話す力も鍛えたい!そんな方は・・・
Engish Bell(イングリッシュベル)のDMEでスピーキング能力を覚醒させる試みを開始しています!のReviewを参考に。

ピックアップ記事

  1. トライアスロンとパワーリフティングとボディメイク、どれにも活かせる筋トレを目指す…
  2. わたしが技術士の資格取得を目指した理由
  3. 受験申込書作成コンサル
  4. サラリーマン技術士は「収入のポートフォリオ」を構築しよう
  5. これからは「リソース」を増やすことはやめて、「強み」として育てる

関連記事

  1. 英語

    English Bell(イングリッシュベル)のDME、5ヶ月でようやく2冊目終了(進捗33%)

    スピーキング能力向上のために、English Bell(イングリッシュ…

  2. 英語

    English Bell(イングリッシュベル)のDME、9ヶ月ほど継続していたら英語を話すのが楽にな…

    わたしはライティングスキル向上のために、ほぼ毎日英作文に取り組みその気…

  3. 英語

    <コラム>Please be patient「しばらくお待ち下さい」の正しい使い方

    同僚のMr. Lに指摘してもらって、「おー-----」って学習したこと…

  4. 英語

    「希望している」はbe hopingではなくask forの方が自然な例 Vol.63

    日本語のニュアンスと英語の表現が一致しない例になります。「希望…

  5. 英語

    検討する、考慮する(consider)の代替表現 Vol.53

    「検討する」、「考慮する」を英語で表現する際、わたしの場合はstudy…

  6. 英語

    精算処理における”相殺”の英語表現 Vol.43

    精算処理における”相殺”とはどのように表現するかわかりますか?次回…

無料メール講座

ふとした思考や行動

  1. 筋トレ

    トライアスロンとパワーリフティングとボディメイク、どれにも活かせる筋トレを目指す…
  2. 生産性

    これからは「リソース」を増やすことはやめて、「強み」として育てる
  3. 技術士

    わたしが技術士の資格取得を目指した理由
  4. 英語

    English Bell(イングリッシュベル)のDMEでスピーキング能力を覚醒さ…
  5. ベンチプレス

    ベンチプレスの重量が伸びないのは、トレーニング頻度が少なすぎるから
PAGE TOP