英語

最終更新日: 2019.07.20

「〇〇でぐちゃぐちゃ」の英語表現方法 Vol.23

今回は、グチャグチャな状態を英子で表現する課題になります。

添付ファイルは文字化けや記号でごちゃごちゃです。

作文例
Your attachment is a jumble of unreadable letters and symbols.

わたしの作文
The attached(E) is in a mess (F)by misconversion and symbol.

添削結果
The attached(E) file is in a mess (F)with misconversion and symbol.

<解説>
(F)の箇所ですが、
in a mess byと表した場合、「~による」や「~のそばで」という意味を表します。
例: The car lay in a tangled mess by the roadside
「車は道路わきでぐちゃぐちゃな状態で残されていた」

ここでは「~で」「~をもって」と意味を表すwithを使い、
In a mess (F)with misconversion and symbol
「文字化けや記号でぐちゃぐちゃです」
という意味で表すことができます。

(E)のThe attachedは間違っていないと思っていたのですが・・・。
わたしは、実際に社内でメールを書く時も、毎回the attached 〇〇の「〇〇」の部分を省略していました。

ぐちゃぐちゃな状態を「in a mess」で表現できたところまではよかったのですが、前置詞を間違っていたようです。

byを使うと、「文字化けや記号によりぐちゃぐちゃです・・・。」

うーん・・・これだけ読むとおかしくない気もしますが、きっとおかしいのでしょう。

in a mess with~で頭に入れてしまったほうがいいですね。

ではでは。


こちらがわたしの鍛錬サイトです。
英作文のフルーツフルイングリッシュ英作文のフルーツフルイングリッシュ

Review記事は、英作文添削サイト「Fruitful English(FE:フルーツフルイングリッシュ)」のいいところ、悪いところをまとめてみました!を参考にしてください。

英語を話す力も鍛えたい!そんな方は・・・
Engish Bell(イングリッシュベル)のDMEでスピーキング能力を覚醒させる試みを開始しています!のReviewを参考に。

ピックアップ記事

  1. サラリーマンが副業で稼ぐためにマーケティングを学び始めてから身につけたセールスに…
  2. English Bell(イングリッシュベル)のDMEでスピーキング能力を覚醒さ…
  3. これからは「リソース」を増やすことはやめて、「強み」として育てる
  4. English Bell(イングリッシュベル)のDME、5ヶ月でようやく2冊目終…
  5. 英作文添削サイト「Fruitful English(FE:フルーツフルイングリッ…

関連記事

  1. 英語

    関係代名詞の二重使用について Vol.41

    今回は、一文の中に関係代名詞を重ねて使うと、英文の意味がわかりにくくな…

  2. 英語

    CheckとCheck overの違いについて Vol.15

    動詞+前置詞の形で表現の幅を広げることは、英語表現を豊かにするうえでと…

  3. 英語

    英語クイズです。

    職場で回ってきた面白い図があります。今回は、そのメール…

  4. 英語

    態に過去形を使うと、断定表現を避け丁寧さを表現できる一例 Vol.80

    今回は依頼に関する英作文です。正解はひとつではなく、色々な表現…

  5. 英語

    「不満である」とFeedbackしたら、丁寧なフォローアップが来た件 Vol.40

    今日はですね、昨日の続きです。自己紹介文、自分の詳細を説明をする際…

  6. 英語

    名詞の形容詞化 安全靴はSafety shoes、安全なお休みはa safe vacation Vo…

    今回の例題は、わたし自身まだ理解しきれていません。解説も怪しげ…

無料メール講座

ふとした思考や行動

  1. 英語

    English Bell(イングリッシュベル)のDME、5ヶ月でようやく2冊目終…
  2. ベンチプレス

    ベンチプレスの重量が伸びないのは、トレーニング頻度が少なすぎるから
  3. 英語

    英作文添削サイト「Fruitful English(FE:フルーツフルイングリッ…
  4. 技術士

    受験申込書作成コンサル
  5. 生産性

    これからは「リソース」を増やすことはやめて、「強み」として育てる
PAGE TOP