英語

最終更新日: 2019.07.20

能動態と受動態、どちらで書くのが適切か判断が難しい例題 Vol.32

今回の課題は、能動態と受動態、どちらで書くのが適切か判断が難しい例題になります。

弊社の顧客は、全員旅行保険を持っています。これにより価格は変更(値下げ)になりますか?

作文例
All our clients have travel insurance.
Will this change (reduce) your pricing?

わたしの作文
All our customers have travel insurances.
(A)Can we be applied to any discounts by this reason? (A)

添削結果
All our customers have travel insurances.
(A)Would that have an impact on price reduction?(A)

<解説>

(A)の所ですが、ここでは受動態で表すのではなく、
Can we apply that to any discounts for this reason?
で”apply 目的語 to~”で「〜を〜に適用する」という表現になります。
そして”by this reason”ではなく、”for this reason”を使って「この理由のため」という「ため」を表します。
今回は”have an impact on~”で「~に影響がある」という表現にしています。

<例文>
The work environment has a great impact on business performance.
仕事環境は業績に大きな影響を与える。

今回の英文では、受動態か能動態のどちらで表現するかがポイントでした。

わたしの英作文の場合は、「わたしたちは割引が適用されますか?」と考えて、be applied toを使ったわけです。

解説によると、
わたしたちは、この理由のためにそれ(保険)を割引に適用できますか?

ということになりますね。

ちょっと難しかったです!

ではでは!


こちらがわたしの鍛錬サイトです。
英作文のフルーツフルイングリッシュ英作文のフルーツフルイングリッシュ

Review記事は、英作文添削サイト「Fruitful English(FE:フルーツフルイングリッシュ)」のいいところ、悪いところをまとめてみました!を参考にしてください。

英語を話す力も鍛えたい!そんな方は・・・
Engish Bell(イングリッシュベル)のDMEでスピーキング能力を覚醒させる試みを開始しています!のReviewを参考に。

ピックアップ記事

  1. English Bell(イングリッシュベル)のDME、5ヶ月でようやく2冊目終…
  2. 受験申込書作成コンサル
  3. English Bell(イングリッシュベル)のDMEでスピーキング能力を覚醒さ…
  4. わたしが技術士の資格取得を目指した理由
  5. サラリーマン技術士は「収入のポートフォリオ」を構築しよう

関連記事

  1. 英語

    能動態、受動態の選び方 Vol.1

    能動態、受動態の書き替え問題は、中学高校時代によく練習問題としてやった…

  2. 英語

    日付の英語表現 Vol.38

    何度も何度も習っているのに、英作文となると必ず間違えてしまう日付表現。…

  3. 英語

    while~ing, 「~している間に」 happen to~ 「たまたま、偶然、~する」 stop…

    今回の課題は語彙が豊富です。この一文を暗記してしまいましょう!…

  4. 英語

    問題の「problem」と「issue」の使い分け(再登場!)Vol.24

    問題の「problem」と「issue」の使い分け、再登場です。g…

  5. 英語

    社会人の英語勉強法!英語という言語にどのように向き合うか考え直すことから始めよう!

    いまや英語ができることがアドバンテージにならない時代となりました。…

無料メール講座

ふとした思考や行動

  1. 生産性

    これからは「リソース」を増やすことはやめて、「強み」として育てる
  2. 副業

    サラリーマンが副業で稼ぐためにマーケティングを学び始めてから身につけたセールスに…
  3. 英語

    English Bell(イングリッシュベル)のDMEでスピーキング能力を覚醒さ…
  4. 技術士

    受験申込書作成コンサル
  5. ベンチプレス

    ベンチプレスの重量が伸びないのは、トレーニング頻度が少なすぎるから
PAGE TOP