英語

最終更新日: 2019.07.20

同期=Colleagueが通じるのは日本文化の中だけ!?「同期」を英語らしく表現しよう Vol.72

今回の課題は、語彙に注目です。

同期ときたらColleagueを迷いなく書きました。

しかし、この場合は適切ではありません。

どのように表現するとよいでしょうか。

イチロウは私と会社の同期なのに、私よりも仕事ができる。

作文例
Ichiro and I joined the company in the same year, but he is better at work than me.

わたしの作文
Though Ichiro (A)is my colleague in my company, he (B) (C)works better than me.

添削結果
Though Ichiro (A)and I entered the company at the same time, he (B)is better (C)at work than me.

<解説>
(A)・・・colleagueについ”同期”とすることもありますが、これはあくまでバックグラウンドや文脈があってのことです。

colleagueは基本的に同僚でとどまるほか、そもそも日本以外の企業に”同期”という概念が希薄なので、ここはある程度かみ砕いて表現したほうがよいとのことでした。

(B)(C)作文ですとwork wellからの比較級になります。文法的には問題ないのですが、work wellは機械などがうまく作動する、何かがうまくいく際に主に用いられます。

ここではモデルのようにat workにおいてwell<betterであると表現したほうがよいとのことです。

決して難しい英訳(難しい単語や構文がない)ではないのに、30点くらいの出来になってしまいました。

(日本の)会社での同期に対する表現、しっかりここで抑えておきましょう。

ではでは。

前の記事へ>>>冠詞の選択が難しい英作文 Vol.71

いままでの英作文をカテゴリー別に整理してます。>>英作文のコツ 記事一覧


こちらがわたしの鍛錬サイトです。
英作文のフルーツフルイングリッシュ英作文のフルーツフルイングリッシュ

Review記事は、英作文添削サイト「Fruitful English(FE:フルーツフルイングリッシュ)」のいいところ、悪いところをまとめてみました!を参考にしてください。

英語を話す力も鍛えたい!そんな方は・・・
Engish Bell(イングリッシュベル)のDMEでスピーキング能力を覚醒させる試みを開始しています!のReviewを参考に。

ピックアップ記事

  1. English Bell(イングリッシュベル)のDME、5ヶ月でようやく2冊目終…
  2. これからは「リソース」を増やすことはやめて、「強み」として育てる
  3. トライアスロンとパワーリフティングとボディメイク、どれにも活かせる筋トレを目指す…
  4. English Bell(イングリッシュベル)のDMEでスピーキング能力を覚醒さ…
  5. サラリーマン技術士は「収入のポートフォリオ」を構築しよう

関連記事

  1. 英語

    「~してるはずだ」は「must + 現在形」ではなく「must have + 過去分詞」で訳すべし!…

    彼女は今年、ボストン(Boston)のハーバードビジネススクール(Ha…

  2. 英語

    「〜だったのに!!」という過去の出来事を悔やむ表現  Vol.89

    前回の課題、「コーヒーを入れさせられた!」に続く課題になります。…

  3. 英語

    社会人の英語勉強法!英語という言語にどのように向き合うか考え直すことから始めよう!

    いまや英語ができることがアドバンテージにならない時代となりました。…

  4. 英語

    冠詞の間違いを防ぐよい方法とは Vol.49

    英作文をする際、多くの人が間違えてしまう冠詞。わたしも例外ではありませ…

  5. 英語

    英語での箇条書き表現を学びましょう Vol.100

    今回の課題は箇条書きです。いつものように一文のみをピックアップしよ…

  6. 英語

    フライト、便名の「ON」Vol.22

    今回は前置詞の使い方になります。便名に使う前置詞は何が適切か課題を通し…

無料メール講座

ふとした思考や行動

  1. 技術士

    わたしが技術士の資格取得を目指した理由
  2. 技術士

    受験申込書作成コンサル
  3. 副業

    サラリーマンが副業で稼ぐためにマーケティングを学び始めてから身につけたセールスに…
  4. 筋トレ

    トライアスロンとパワーリフティングとボディメイク、どれにも活かせる筋トレを目指す…
  5. ベンチプレス

    ベンチプレスの重量が伸びないのは、トレーニング頻度が少なすぎるから
PAGE TOP