英語

最終更新日: 2019.07.20

"Next batter—–, Mr. Ichi—ro —–!!"は英語としては間違いです! Vol.29

メジャーリーグの場内アナウンスが頭にこびりついておりまして、そのせいで間違えた例になります。

イチロウ様からの連絡をいただき嬉しいです。

作文例
Hi Ichiro, Great to hear from you!

わたしの作文
I am pleased to hear from (A)Mr(B). Ichiro.

添削結果
I am pleased to hear from (A)you(B), Ichiro.

<解説>

まず、Mr. Ichiroのように、first nameにMr., Missなどを使うことは、基本的にはされませんね。
基本的には、last nameに使います。

マリナーズのイチロー選手が「Mr. Ichiro--!!」ってアナウンスされていたのを思い出し、全く疑いなく自信を持ってMr. Ichiroと書きました!

でも間違いです!

解答と解説を見れば、「そうだよね、その通りだよね」って思えます・・・。
しかし、間違えるんですよね。

疑問に思った短縮形の話

①forget ~ingとforget 不定詞の用法を再確認!②I’mなどの省略形は口語のみに使うのがふさわしいのか? Vol.28

そうそう、疑問に思った短縮形の修正ですが、今回も別の文にて、I didn’t をI did notと修正されていました。

解説はありませんでしたが、自分で調べたところ、大学の論文などではdidn’t don’tは使用不可となっているようです。

また、一般的にも書き言葉としては、このような短縮形は使わないようです。

言われてみれば、文書類でこのような短縮形を見たことがほとんどありません。

学校の英語筆記試験にて、短縮形で解答を書かせるのは、英語の原則に反しているのですね。

テストでは、

口語では使いますが、書き言葉では使いません。今回は書かせるのは、あくまでテストのためです。

という断り書きが必要ですね。

いい勉強しました。

ではでは!


こちらがわたしの鍛錬サイトです。
英作文のフルーツフルイングリッシュ英作文のフルーツフルイングリッシュ

Review記事は、英作文添削サイト「Fruitful English(FE:フルーツフルイングリッシュ)」のいいところ、悪いところをまとめてみました!を参考にしてください。

英語を話す力も鍛えたい!そんな方は・・・
Engish Bell(イングリッシュベル)のDMEでスピーキング能力を覚醒させる試みを開始しています!のReviewを参考に。

ピックアップ記事

  1. English Bell(イングリッシュベル)のDME、5ヶ月でようやく2冊目終…
  2. サラリーマン技術士は「収入のポートフォリオ」を構築しよう
  3. 受験申込書作成コンサル
  4. サラリーマンが副業で稼ぐためにマーケティングを学び始めてから身につけたセールスに…
  5. ベンチプレスの重量が伸びないのは、トレーニング頻度が少なすぎるから

関連記事

  1. 英語

    分詞構文のつくり方 Vol.65

    久しぶりに分詞構文で書いてみましたが、結構基礎文法を忘れていることに気…

  2. 英語

    「○○について研究する」と表現する場合、Studyに続く前置詞は?Vol.98

    前回と似た形式のタイトルになりました。正解は、study ab…

  3. 英語

    日本語の体言止めを英文和訳する方法 Vol.73

    日本語の日記などでよく使う体言止め。これを英語で表現するのは難…

  4. 英語

    さらりと書けますか? 英作というよりも反射的に書けるようになりたい英文 Vol.87

    今回は定型フレーズになります。考えて書くというよりも覚えてしま…

  5. 英語

    日本のゴールデンウィークを英文で正しく表現しよう Vol.86

    今回は日本でおなじみのゴールデンウィークを使った英訳になります。…

  6. 英語

    「提案」と「許可」の表現の違いについて Vol.21

    もし2日間終日費やせるのであればご案内とミーティングをいくつか設定させ…

無料メール講座

ふとした思考や行動

  1. 技術士

    受験申込書作成コンサル
  2. 副業

    サラリーマン技術士は「収入のポートフォリオ」を構築しよう
  3. 英語

    English Bell(イングリッシュベル)のDMEでスピーキング能力を覚醒さ…
  4. 技術士

    わたしが技術士の資格取得を目指した理由
  5. 生産性

    これからは「リソース」を増やすことはやめて、「強み」として育てる
PAGE TOP